中年には分からん衣料

「中年」と呼ばれるお年になりました。でも自分なりに頑張っておしゃれには気を使ってます。それでも、最近の青少年モードには認識出来ないものが有ります。旦那のジーンズの「過剰な腰履き」。過剰なですよ、過剰な。これは本人は本気でシックといった思ってるんでしょうか。ショーツ履いてなかったら完全におケツの割れ目が思えてるクオリティ、普通に大股で歩けないだろうぐらいまで下げて履いているのは、もはや後ろ姿がペンギンでしょう。腰から見えているインナーのボクサーショーツの商標が入ったゴムがチラ映りやるぐらいはOKですよ。時折、どこをどうして勘違いしたのかトランクスのゴムを見せてる男がいるけど、誰か忠告してあげて〜と思います。旦那だと、「異様に先の尖った革靴」も不得意だ。今や、中年には凶器しか見えません。大昔、こんな凶器ブーツを履いた外人プロレスラーが居たんですもん。こんな靴、歩き回ってアクセスが痛くならないのかな。デートにあの靴で「アクセスが辛い」って言われたら、ドン引きするけどなぁ。淑女のモードでは、昨今流行りの目の真下の誇大なチーク。これは、お手本様という良い母親がしても、寸前な、実にトリッキーな化粧だとおもうなぁ。ルートですれ違った時にギョッとするケースがある。旦那客受けも今一だと思うけど。あの化粧で出掛けて、一度でも仲良しや彼氏に「その化粧、眩しいね」って言われたことが有るのかなぁ。化粧と言えば、眉をいじりすぎて、No化粧眉では出歩けないときの眉の奥さん。汗の旬、油断すると、ペンシルで繋がり受け取りした繋がりしか残ってないケースがあるよ。気を付けて。あんな、他人の化粧にフレーズを言ってる中年層は中年層で、化粧がバブル当時のままな中年があるけど。そこは多目に見てください。大昔は、青や緑のアイシャドウが気質だったのよ。それ以来、化粧の流行りなんか誰も教えてくれないのよぉ。モード小説なんぞ美院でしか読ん出る暇無いんですもん。たいてい、あたいはたいてい素っぴんで出掛けてますけどね。M性感風俗なび|痴女・フェチ・SM系情報サイト